美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3年ぶりの東北ツーリング・前編

訳あって1年間、ロング・ツーリングに出かけられませんでしたが、3年ぶりとなる東北方面に行き、昨夜無事帰宅致しました。
5泊6日の旅、バイクはBMW R1150GS アドベンチャーです。

とにかく楽しかった。
雨でも寒くても…楽しかったです。

まだ暑かった頃に出かけた為に、装備自体が軽装で、旅先で出会ったライダー達は皆、寒さに震えていました。
ですが…最強の旅バイクであるR1150GSの自分は、まったく寒くありませんでした。

ダートをものともせず、過酷な状況になると真価を発揮するBMW R1150GS…まさにアドベンチャーの名に恥じぬ、頼もしい相棒です。

いろいろと行きたい所はありますが、まずは震災からの復興の様子を見なくてはなりません。

大川小学校1
写真1

大川小学校2
写真2

北上川
写真3

うたちゃん橋
写真4

初日は東北自動車道を使い、一気に古川まで行きました。

震災の時、74人の児童が津波にのまれ亡くなった大川小学校(写真1・2)

校舎のすぐ後ろには山(通称・裏山)があり、何故そこに逃げなかったのか?今現在でも問題になっていて、裁判の焦点にもなっています。

現地に行って裏山を見てみると、意外と急斜面で、そこに子供達を登らせるとしたら、怪我人の一人や二人は出ただろう、と言うことはわかりました。
おそらく先生達は子供達を山に登らせた時に出るであろう怪我人に対する責任逃れをしたのだと思います。

写真3は津波が溯った北上川です。
ここは非常に美しい場所で、川の景色としては日本で最高の部類に入ると思います。
しかし、この場に立ち、海から大川小学校までの距離を見てみると、津波が到達することは容易に想像できます。

先生達の危機意識の欠如がこの悲劇を生んだ可能性が高いと思いました。

その後、南三陸町(写真4)を周り初日が終了です。


2日目は気仙沼からスタート。

リアスシャーク震災直後
写真5

シャーク展示1
写真6

シャーク展示2
写真7

シャーク展示3
写真8

シャーク展示4
写真9

写真5は、見た記憶がある人も多いと思いますが、震災直後の気仙沼リアスシャークミュージアムです。

写真6〜9は復活したミュージアムの印象的な展示です。


お土産を幾つか買った後、陸前高田に移動。

陸前高田1
写真10

奇跡の一本松
写真11

写真10は復興の為、巨大ベルトコンベアが縦横無尽に走る、陸前高田の風景です。

写真11は有名になった「奇跡の一本松」
感動的な景色でした。

リアス式の海岸沿いを釜石まで北上し、昔行った、民話の里・遠野で2泊目です。

復興と呼ぶにはまだまだでしたが、確実に進んでいます。
住宅を建てる場所を少しでも高くする為、莫大な量の盛り土をしている地域や巨大堤防を作っている地域、また近くの高台に住宅街を作り、港には工場のみにしている地域など、その自治体で様々でした。

3日目の朝はテントを叩く、激しい雨音で目が覚めました。

橋野高炉1
写真12

橋野高炉2
写真13

安家洞
写真14

遠野と釜石の間にある、日本最古の鉄高炉「橋野高炉」(釜石の製鉄発祥の地)の見学からスタート。
写真12、13。
世界遺産決定確実、と街中にポスターが貼ってありました。
確実?ん?決定では未だ…ない(笑)

古い石の建造物が持つ、重厚な佇まいがありました。

次は日本三大鍾乳洞の一つ「龍泉洞」の側にある「安家洞」を見学(写真14)。
龍泉洞は以前見たので、敢えて違う鍾乳洞を選んだのですが…これが大失敗でした。

駐車場に着いた時から何やら嫌な予感…すべてが劣化し、実に荒んだ雰囲気です。
気を取り直して、いざ受付へ。

入洞料1.000円。
た…高い。

日本一長い鍾乳洞、と言うのが売りなのですが、見学できる所はそれほど長くはなく…金額に見合ったものではありませんでした。
これでは人は来ず、荒むのも十分納得できる「安家洞(あっかどう)」でした(笑)。

前半終了。





| 旅(ツーリング) | 14:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レトロな街、飯能

ワンフェスも無事終わり、久しぶりとなる日帰りツーリングに行って来ました。
飯能の街を巡り、秩父へと抜け、わらじカツ丼を食べ、梵の湯に入って帰ると言う、いつものコースです。
とにかく暑かったし…山道では時折、豪雨に見舞われると言う天候…。

カッパを着るヒマもなく、ジーパンまでびっしょりと濡れてしまいました。
しかしこれには理由があります。
BMW R1150GS アドベンチャーは、ウインドプロテクション効果が非常に優れていて、走っている限り、普通の雨程度ではまったく濡れません。

濡れないものだから、ちょっと先の空が明るい時など、カッパを着るのがめんどくさいので、走ってしまいます。
そんな感じで走っているウチ、思わぬ豪雨となり、びしょ濡れになってしまうことがたまにあります。

本当に久しぶりのツーリング…びしょ濡れになりながらも、やはりバイクは楽しい乗り物だと改めて感じました。


★以下の写真は、飯能の街中で見つけたレトロでオシャレな建物です。

ハカリのマスヤ
★ハカリの…?秤のことですよね、多分。電話番号がシンプル(笑)

織物組合
★繊維組合の建物。当時は相当大掛かりな建造物だったそうです。

歯医者
★モダーンな歯医者さん。

瀬戸物屋
★これまたとってもオシャレな瀬戸物屋さん。

店内
★ガラスや描かれている文字、タイル、タープ等がオシャレです。

ラーメン屋
★仕事帰り、たまに立ち寄るラーメン屋さん。店内も良い雰囲気です。

飲み屋群
★お店の中は一体どーなっているのだ?気になります。

川
★街からすぐの所に、こんなに素晴らしい河原がありました。

定峰峠
★いつものように、秩父から定峰峠を抜けて帰ります。




| 旅(ツーリング) | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013GWツーリング(5/2〜5/4)

寒かった…ただただ寒いツーリングでした(笑)
修行の如く、寒い思いをしにわざわざ行った感じです。

ルートは諏訪湖から南下し南木曾で一泊、そこから今度は北上して松本から長野を抜け野沢温泉で二泊目、国道17号などを使い帰宅しました。

何度か走ったことがある道なれど、初めて寄った所あり、初めて入った温泉ありで…日本は狭い割に、まだまだ知らない場所が多々あります。
幕の内弁当、キヨスク、コンビニなど…狭い所にいろいろ詰め込んだモノを好む日本文化そのもののように感じます。

BMW景色
☆どこかの風景

分杭峠aa1

ゼロ地場aa
☆ブームは去ったのでしょうか?数年前に来た時は崖に落ちんばかりの人で溢れていたのですがね…ゼロ地場は閑散としていました。

妻籠宿場1

妻籠宿2

妻籠宿3
☆まるで時代劇のセットのようです。

妻籠宿4
☆死ぬ程寒い一夜を過ごし、翌朝キャンプ場からすぐの所にあった妻籠宿…一大観光スポットみたいです。立ち寄ったのはまったくの偶然でした。
朝7時前後…人もまばらですが、この後はたくさんの人が押し寄せて来る事でしょう。


桃介橋
☆妻籠宿の側にある大正時代に架けられた橋「桃介橋」この橋の先に高校があります。

九竜湖キャンプ場
☆二日目の九竜湖キャンプ場、ここはあまり寒くなかったです。

野沢温泉湯畑
☆野沢温泉の湯畑


ここからは「プラムの国」と言うB級、いやC級、いやいやD級スポットの写真です(笑)

プラム園1
☆国道17号沿いでこの看板を見かけ、思わず向かってしまいました(笑)

プラム園2
☆う〜ん…入り口で入ろうか、、迷いました。

洞窟
☆ここが「恐怖の洞窟」…中はある意味恐怖でしたが…(笑)

凶暴なロバ
☆凶暴なロバ、、、子供は近寄らないください、と注意書きがありました。
ロバと遊べないやん!!!


広場2

広場1

広場3

広場5
☆バラエティ広場(笑)にある妙なモノたち…ってかガードレールとか、勝手に持って来て良いのですか???

うさぎ
☆エサをあげると虫のように群がるうさぎ達…とても遊ぶ気にはなれません…

テレビでも結構取り上げられているようです。
興味のある人はコチラ


ブログには書けない白バイとのバトル?(笑)などもありましたが…なんだかんだで無事帰宅しました。

923km.jpg
☆総走行距離923kmでした。

| 旅(ツーリング) | 09:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野沢〜立山ツーリング(後編)

予定外に泊まった立山山麓家族旅行村キャンプ場は快適でした。
帰路であるこれからのルートはひたすらワインディングです。

まずは初めて通る「有峰林道」…林道と言っても全面舗装路で、大自然の中を走り抜ける快走路です。
ここは確かに良かったのですが、ちょっと日本では考えられないような道。
断崖絶壁の所でガードレールがありません。
脱輪でもしたら遥か下までまっしぐらです、恐ろしい…。

☆以下、有峰林道の写真
ジョンソンバルブ
☆ダムのものすごい水圧に堪える「ジョンソンバルブ」…昭和5年製で最近まで使われていたそうです。
イギリス製でジョンソンと言う人が制作したそうです。
昭和5年ですでにこの技術、、、さすがは大英帝国ですね。


崖
☆バイクの横は断崖絶壁

ダム水面
☆有峰林道、二つ目のダム。

ダム反対側
☆反対側です。
それにしても日本は本当にダムだらけです。
必要な物もあるでしょうけど…大自然の中に突然現れる要塞の如きダム。
日本の峠道を走ると、かなりの確率で巨大なダムに出くわします。
ちょっと考えざるを得ません…


嫌になる程ワインディングを堪能し、岐阜県に入りました。
ここからは勝手知ったる平湯キャンプ場への道です。
平湯から安房峠を抜け、上高地を抜け、松本から八ヶ岳を抜け、武州・十国峠を抜け…帰って来ました。
ルート上、一番の悪路で雨が降ってほしくない十国峠で雨…人生と同じでそんなもんでしょうけど(笑)。

山々
☆安房峠、後に見えるのは上高地かな?

八ヶ岳
☆八ヶ岳・ビーナスライン三峰展望台からの眺め…昔は料金が高くて走れませんでした(今は無料ですけど・笑)

三万キロ
☆ビーナスラインで3万キロを向かえたルマン…製造されてから30年が経っています。

十国峠
☆悪路で有名な十国峠、ここだけ雨でした(笑)

走行距離1,017km…いろいろな目に遭ったので非常に疲れました。

しかし今回のツーリングで、ルマンを速く走らせるコツのようなものを習得致しました。
ハイギア設定なのでコーナー手前でしっかりと減速し、エンジンの伸びを活かす回転数からフロント加重でアクセルを開けて曲がると、非常にスムーズかつ安全なコーナリングができます。
慣れるとかなりのハイペースで峠道を走ることも可能です。
このフロント加重ってのがカギでしたね…
その代わりにフロントタイヤのサイド部分だけがどんどん減って行きますが(笑)

同じイタリアンのドゥカティはリヤ加重、リヤステアなので、後輪だけで曲がって行く感覚です。(BMWはまだ慣れていないのでわかりません)
ツイン・エンジンと言う型式は同じなのに、まったく違う乗り味で本当におもしろいですね。

メーター



| 旅(ツーリング) | 09:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT