美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

風車ミーティング&ルナパーク

本日、奥さんはデザインフェスタにて、オリジナル子供服を出品中。
と、言うことは、子供達の面倒を自分が見なくてはなりません。

家にいても退屈ですし、気候は良く、絶好の行楽日和…

赤城山で風車ミーティングなる、フランス&イタリア車中心の緩〜い集まりがあることを知り、ムルティプラで行ってみることにしました。

ついでにルナパーク(知る人ぞ知る、レトロ遊園地)で子供達を遊ばせれば完璧。

予定より30分近く遅れ、現地に到着。
すでに駐車場はいっぱいでした。

いろいろな車を見て、話を聞きたかったところ…子供達の心はすでにルナパークへ。
やたらせっつかれ…まったく落ち着く事なく、途中で買ったおにぎりの昼食を食べ、ルナパークを目指して出発。

ルナパークで散々遊んだ後、バイクスタジオTOHYAMAに寄り、帰宅しました。

つ…疲れた。


風車M1
★2台もムルティプラが(手前)。今度はTR4で行って見ようかな…

シトロエン
★一番目立っていた、シトロエン。

アルファロメオ
★何だ!このアルファロメオは!

フィアット500
★昔乗っていたフィアット500。しかし、この車体はスバルのエンジン、エアコン&カーナビ付き。

風車
★ミーティングのアイコンである風車。

ルナパーク1
★ルナパークの回転木馬(1回50円)

るなぱーく2
★せ…狭い!ルナパーク全景(笑)

るなぱーく3
★歴史ある木馬(1回10円)、隣の女児が気になる大和。

バイクスタジオ遠山
★ここでは子供達がやけに落ち着いていて…バイクは好きだから、と言ってました。


| ムルティプラ | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

復活のムルティプラ

復活のムルティ

納車してすぐにマイナートラブルに見舞われたムルティプラ。
2ヶ月ほどかかりましたが、幾つかあったトラブルはすべて解消しました。
国内で欠品の部品は、イギリスから船便でやって来ました。
そんなこんなで時間がかかってしまった訳です。

久しぶりに乗ったムルティプラは…やはり良いなぁ〜と感じました。
しかし…ウチにある3台の車はすべてマニュアル車。
たまにオートマチック車に乗ると退屈します。


結論…車のトランスミッションはマニュアルに限る!


マッハ車検2
★画像を加工し、70年代っほい雰囲気を出してみました。

1年ぶりにマッハの車検を取得しました。
車検の時に「マフラーから白煙が出ているとダメなんですよ」と言われました。
おいおい、2サイクル車で白煙が出ていないとそれこそ問題だぞ。
それにマフラーではない、チャンバーだ!
車検の検査官が数人で相談後「大丈夫みたいです」だと。

しかし…マッハのブルースモークは半端しゃない。
アクセルを全開にした時の煙はまるで煙幕…
文句はメーカーに言ってくれ!

ムルティプラを引き取りに行った帰り、ついでに前橋にある例のバイク屋さんに寄って来ました。

う〜む…見ると欲しくなるので、極力見ないようにしてますが…
古いバイクは古い車に劣らず、美しい…

ローラーダー
★ローライダー…ほ、欲しい…

88トライアンフ
★750ccのボンネビル…650ccの方が人気がありますが…完成度はこっち。

R50:2
★BMW R50/2 これも名車ですね。

ドカ250
★250ccのドゥカティ…なんと可憐なデザイン!



| ムルティプラ | 20:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィアット・ムルティプラ

VWユーロバンを下取りに出し、親から譲り受けたティーダや代車に乗りつつ…ムルティプラを探してもらいました。

車体自体が非常に少なく、さらに走行距離、程度、色などの条件を満たす車体を予算内で買おうとすると…時間をかけて探すしかありません。

その甲斐あってか、良い車両に巡り会い、先日、ついに納車となりました。

発売当時「世界一醜い車」と揶揄され、ちょっと街を走れば指をさされて笑われます。

その分、子供達には人気で、走っていると良く手を振られます(笑)。

醜い(と言われている)車体とは裏腹に、その走りは非常に上質で、乗り心地は最高です。

フルサイズのベンツ程の車幅があるにも関わらず、大きさを感じません。

深海魚を連想する、複雑な面構成のデザイン。日本人には決して作り得ない斬新なデザイン。

創作したデザイナーも素晴らしいのですが、この車を世に出す決定を下したフィアットの重役達も素晴らしいと思います。

やはり立体造形物を作らせたら、イタリア人が最強ですね。



ムルティプラ1
★ムルティプラ最大の特徴、異様なフロントビュー

ムルティプラ4
★後ろ姿は比較的普通のヨーロピアンです。

ムルティプラ2
★アルミホイールも車体に似合っております。

ムルティプラ3
★ウィンドウ面の広いこと…車体面積の半分以上が窓です。

運転席
★運転席から見える各部位が、人の顔を意識したデザインとなっています。

ムルシート
★前後3列シートで6人掛け。この配列も個性的です。



| ムルティプラ | 23:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さようなら、ユーロバン

さようなら、VWユーロバン…

走り去るユーロ
★下取りの為、走り去って行くVWユーロバン

キャンピングカーであるVWユーロバンを手放しました。
理由は…パーツの欠品の多さ、燃費の悪さであります。

古い車体なので、多少のマイナートラブルは仕方がないのですが、それを直す為のパーツがありません。
社外パーツで対応できることがあるものの、社外パーツはアッセンプリーがほとんどなので、非常に高価になってしまいます。

そして何より、Pキャン(P泊とも言う)が好きになれなかった、と言うことです。
※Pキャンとは…パーキングキャンプの略です。 簡単に言うと道の駅や何処かの駐車場にて車の中で寝泊まりし、旅をすること。お金がかからないし、自分の都合に合わせての移動が出来ることが最大の利点。

そもそも、このPキャンをするが為に購入したユーロバンですが、結局好きになれなかったことも手放す一因です。
バイクでの旅はすべてキャンプ泊なので、キャンプ自体には慣れています。
しかし、場所がキャンプ場で、Pキャンはあくまでパーキングでの車中泊。
つまり、駐車場で寝泊まりすることが嫌なのかもしれません。

早朝に起き、自然の中で飲むコーヒーとか…意外と好きなのですが、これが駐車場だと気分もクソもありません。
どうせキャンプをするなら自然の中で…。
だったらもっと使い勝手の良い車にしてテントを張って…と言う結論に達し、燃費が極悪のユーロバンを手放すことに致しました。

秋ヶ瀬公園ユーロ

秋ヶ瀬ユーロ2
★近所の公園にて…多分これが最後のキャンプっぽい感じ(2014年9月頃)



| トライアンフTR4 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT