美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一年ぶりに…

一年ぶりに750SSの車検を取り、早速、奥多摩へ行って来ました。
このバイクは楽しいです、ヘルメットの中で笑いっぱなしでした。
やはり2stはおもしろいですね。
120度クランクの3気筒、そして2ストローク…と来れば、、、そりゃ凶悪なエンジンでしょうよ。

それにしても燃費が悪かった…

マッハ奥多摩

☆すべての日本人、必見の動画 です。

| Kawasaki750SS(H2) | 13:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛深き故…

マッハのフロントフォークのオイル漏れが深刻になって来たので、仕方なくオーバーホールをすることにしました。

この作業の前に実はギアオイルも漏れていたので、ガスケットを交換しました。
オイルポンプを外さにゃ交換できず、結構めんどくさかったです。
ついでにキャブレターもやっとくか、と言う感じでキャブも外しました。

この時代のバイクは構造が単純なので、自分で直す気も起きますね。
バイク屋さんに頼んだ方が手間はかからず、確実に直ると思われますが、お金がかかります。
それと…いくらプロとは言えバイク屋さんと自分では、このバイクに対する「愛」の深さが違うのです(笑)。

マッハ1

マッハ2
☆前輪を外すと情けない姿になりますね。

マッハ3
☆フォークのパーツ点数がZ1と比べても少ないです。この頃のバイクはリヤステアですから、こんなもんでも良いのでしょうけど…

マッハ4

フィギュア制作の合間にバイクを直し、フェラーリを作りつつ、休日は家族サービス…そしてツーリングにも出かけ…できたら絵も描きたい…
自分はのんびりとマイペースでやりたいのですが、今の状態では到底不可能です。

で、一つだけ合理的な方法を思いつきました。
それは奥さんに稼いでもらい、自分が主婦になること(笑)。
これがすべてを可能にする唯一の方法ですし、主婦もりっぱな仕事ですからね…ヒモとは言わせませんよ(キリッ)。
まぁ奥さんが納得すればの話しですが…

| Kawasaki750SS(H2) | 18:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

kawasaki 750SS

1

3.jpg

6.jpg

4.jpg

5.jpg

2.jpg

なんでしょうね?このワルそうなデザイン(笑)。
高周波で人の神経を逆なでするエキゾーストノート、まるで煙幕のような排出ガス、極悪な燃費…
つまり…マッハ=迷惑ってこと。
いつも申し訳ない気持ちで乗っています。

マッハと似ているバイクは世界中どこにもありません。
マッハは唯一無二の存在で、もう二度と作られることはない、強烈で、個性的なバイクです。

| Kawasaki750SS(H2) | 14:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッハの修理、と言うよりメンテナンス・その1

震災から2週間が過ぎましたが未だ行方不明者は多く、また福島第一原発の事故により、復興へ向け国力を100%注ぎ込むことができない状況が続いています。
さらに首都圏の水道水や農作物から放射能が検出されるなど…原発の影響は全国へと広がりつつあります。

一方、今まで日本が海外で培って来た信用や援助の数々が国際社会で高く評価されていたようで、救援隊や救援物資、義援金など、様々な国がいろいろな形で日本を支援しています。
またモルディブを始めとする小国からも、その国力に見合わぬほどの義援金が集まったりと…これは日本人として非常に嬉しい事であり励みになることです。

震災の混乱の中でも秩序が保たれ、人々が協力し合い、助け合う姿は素晴らしいと思いました。
これは日本人のモラルの意識や精神性の高さを象徴していることだと思います。

しかし反面、企業となると昔から経済効率優先となり、個々の人々が持つ良心とは裏腹に、水俣病やサリドマイド、薬害エイズ等の信じがたい事件を起こして来たことも事実です。

今回の原発事故もまたしかりで、設計や安全性、運営方法に問題があったのではないでしょうか。
津波による被害は設計段階から考えていなかった、とか、非常用電源が失われた場合までは想定していない、とか…原発事故は人災の様相を呈して来ました。

                 ☆ ☆ ☆

ここからは前回アップしようとしていた日記にします。

マッハ等の古いバイクを直そうとすると、ちょっとしたパーツにも苦労することがあります。
まぁそれでもカワサキのZ1・Z2、Mk2、マッハシリーズ、ヤマハRZなどは恵まれています。
リブロパーツがたくさんあることと、乗っている人達が割とマニアと言うか、自作で複雑なCDIなども作り、それを提供していたりします。
維持をして行く環境は英車ほどではないにせよ、それなりに探せば何とかなります。
これが同じ2tsでもスズキのGTシリーズやぞれぞれのメーカーの不人気車だったりしたら本当に大変です。

今回はキャブレターの分解清掃とリアブレーキ・シューの交換…
ついでにマフラー(2stなのでチャンバーなのでしょうが…どう見てもマフラー・笑)の清掃やその他せっかくバラしたので、キレイにできる所はキレイに、、、と言う訳で、分解して行きます。

キャブ
☆フロートが原因かと思っていましたが、ガスケットかな??

マフラー

マフラー2
☆かなり汚れています。

マッハストリップ
☆半バラ状態です…

| Kawasaki750SS(H2) | 19:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT