美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第43回東京モーターサイクルショー

今年も毎年恒例となっている、東京モーターサイクルショーに行ってきました。

大渋滞の首都高を抜け、これまた大渋滞の駐車場に入り、やっとたどり着いた会場は…熱気に溢れ、相変わらずの大盛況でした。

今回は初めて息子2人を連れて行って来ました。
大人は自分も含め3人いましたが…とても目が行き届かず、何度も見失う始末…
非常に疲れました。

肝心のモーターサイクルショーの方ですが…年々魅力的なバイクが少なくなっているような気がします。

これは、昔は良かった的なオヤジの懐古趣味なのでしょうか?
人によって物の見方はそれぞれですが…

カタナ(SUZUKI GSX1100S)までが本当のバイクだ!と言う人がいれば、いやいやニンジャ(KawasakiGPZ900R)まででしょう、と言う人もおります。

インジェクションの完成度が上がり、すべてのバイクが同じ乗り味になってしまった、と仰る人もいます。

確かにキャブレターでは今の厳しい排ガス規制をクリヤーできません。
ですが、押し並べて同じサイズのタイヤ、ブレーキ、エンジン特性では、確かに個性がなくなるのも致し方ありません。

以前の2サイクルは低速がスカスカで、ある回転数から爆発的なトルクが発生しする、非常に完成度の低い代物でした。
しかし、未完成なバイクにも関わらず大ヒットし、各メーカーも力を入れていました。

その甲斐あって、低回転からスムーズに回るエンジン特性と進化し、4サイクルとの垣根がなくなりました。
完成度が飛躍的なアップしたのですが、それと共に魅力がなくなり、売れ行きも落ち込みました。
ユーザーとは我が儘なもので、メーカーの努力なんぞどこ吹く風、であります。

今はこの現象がバイク業界全体に広がっているような感じがします。

現在、自分が所有しているバイクを手放してでも欲しい車体が、ほとんどありません。

これからもメーカーはバイクを売ろうと切磋琢磨し、ユーザーはバイクに何かを求め続けて行くのでしょうけど…


ms1.jpg
★仮面ライダーは永遠です…


ms2.jpg
★ベース車両はわかりませんが、昔のサイクロン号のテイストは残っています。


ms4.jpg
★インディアンのネオレトロなバイク&


ms3.jpg
★ヤマハのブース


ms5.jpg
★コチラはドゥカティのブース…太ももが太くて良いですね


ms6.jpg
★今回一番カワイイと思われる子がいたトライアンフのブース


ms7.jpg
★やはりMk2はカッコイイ!


ms8.jpg
★何を観に来たのか…すでにわからなくなっておりますw


ms9.jpg
★昔のKawasaki耐久レーサー、のイメージのゼファー


ms10.jpg
★露出度が高いコスチュームの撮影は困難を極めますw


ms11.jpg
★ネオレトロなスクーター、ランブレッタのイメージか?ハンドルを奪い合う2人


ms12.jpg
★欲しくなった数少ないバイク、ノートン…しかし350万也


ms13.jpg
★復活したモトモリーニ…速そう!


ms14.jpg
★スティーブマックィーンの愛したトライアンフをそのまま復刻。しかしコチラも300万オーバー




| バイク関連&バイク遍歴 | 11:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さらばRS

さらばRS
★本日、新たなオーナーの元に去って行きました。

あと数万キロは乗ろうと思っていたK1200RSですが…ガレージが飽和状態になった為、手放すことにしました。

短い間の付き合いでしたが、非常に優れたバイクです。
4気筒のエンジンレイアウトで、これ以上良いバイクはないと思われます。

ただ、惜しむらくは…コーナーリングに影響する重量ですかね。
あと50kgほど軽ければ言うことはありません。

同時代のR1150GSの方がニュートラルに曲がるので、やはりBMWはボクサーエンジンに一日の長があると思いました。

しかし、アクセル一捻りで巨大な鉄の塊がぶっ飛んで行く様は、凄まじい迫力があり、水冷の4発はすげーな、と…w。

トラ&ミラ
★小さい車達ですが、さすがに2台をガレージに入れると…場所を取ります。

ゴールドホイール
★スタットレスタイヤから普通タイヤに変えました。なんとゴールドホイールです!



| バイク関連&バイク遍歴 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイハツ・ミラジーノ

正面ミラジーノ

正確な車名は「ミラジーノ ミニライトスペシャル ターボ」です。
ローバーミニではありません(笑)

訳あってムルティプラ納車後、時期を待たず買ってしまいました。
どうしてもこれが欲しかったのではありませんが…軽乗用車を探してはいました。

たまたま知り合いのバイク屋さんが手放すこととなり、偶然、ウチにやって来ました。
走行距離は124000km。
結構な距離を走っていますが、バイク屋さんが購入した時に(約10万km)、エンジンを下し消耗部品はすべて交換、エンジンオイルは2千キロ毎に交換、その他気になる所はすべて手を入れていると言う車。
実際、12万キロを走っているとは思えない、まるで新車なような感じです。

5速MTの希少人気車です。

その走りは衝撃的ですらあり、むちゃくちゃ速いです。
とにかく良く回るエンジンで、足回りもそこそこ固く(バイク屋さんが社外サスに変更)、クイックに曲がります。

う~ん…結局これ1台あれば、他はいらないってことか?

ミラジーノ前
★ブリティッシュグリーンなので、まるでミニです(笑

ミラジーノ後ろ
★リアビューもまるでミニですね♥



| バイク関連&バイク遍歴 | 15:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カワサキ魂

Z1000mk26月

最近、あちこちガタが出て来たZ1000Mk2…さすがに2台の高年式BMWをメインに乗っていますが…労りつつ、相も変わらず足代わりに使っております。

すっかり高嶺の花になってしまった観のあるMk2ですが、実感がありません。
何処へ行っても「良いバイクに乗ってますね〜」と声をかけられることが多いです。

しかし、それは間違った言い方、考え方だと思います。
正確には「需要と供給のバランスが悪く、また付加価値と言う性能以外のことで値上がってしまったバイクに乗ってますね〜」です。

このバイクを売れば、他のバイクの不具合箇所が一気に直るんですよね。
う〜ん、、、どうしたものか。
ただ、思い出や思い入れが他のバイクと比べても多いので…難しい問題です。

Fブレーキ、スイングアーム、前後ホイール、キャブ等を変えれば、現代のバイクに近くなるとは思いますが…少なく見積もって、50万はかかります(そんな金はない!)



| バイク関連&バイク遍歴 | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT