美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フィギュアは顔が命。

覚えている方は少ないと思われますが…1/6姫野ミコにて塗装作業を細かく紹介します…と書きました。
所が、、、すっかり忘れ、ミコは写真も撮らず、一気に仕上げてしまいました(笑)。

なのでちょっと作業が遅れている中出萌々で紹介します。
基本的には同じ作業手順なので…すみませんです。

フィギュアの中で一番の見せ所は…何と言っても顔です。
とにかく顔が悪ければ他がどんなに優れていてもすべてダメ。

人形は顔が命、、、と言うように、フィギュアも顔が命です。

ではその命の顔の描き方を順を追って説明します。
以下、あくまで自分のやり方なので、参考として見てください。

No1.jpg
1.まずは道具です。タミヤのエナメル塗料、筆、等々です。
2.鉛筆で目の輪郭を描きます。口は何となくピンクにして、眉毛も適当に色をつけます。
鉛筆描きを失敗した場合、ネリゴムで丁寧に消します。


No2.jpg
3.次にセピア、ブルー、ブラックを混ぜた色を塗ります。
4.それだけでは寂しいので、ブルー(左の顔)、パープル(右の顔)を入れ、少し色味を出します。

No3.jpg
5.まつ毛を描き、眉毛を整え、唇のシワなどを描き込みます。
6.瞳孔を描きます(瞳孔のまわりを少し明るくしました)。

No4.jpg
7.目にハイライトを入れます。

No5.jpg
8.目にクリアを塗り、輝き&憂いを出します。
9.髪の毛をつけて、一応完成です。

ざっとではありますが…こんな感じです。
何かのお役に立てば幸いです。

※ワンフェス2010夏…わが半眼工房のブースが決定しました。成人向けゾーン1-19-02で出店します。
よろしくお願い致します。

スポンサーサイト

| 中出萌々 | 01:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

立体

立体に色をつけるのは 好き勝手に塗るのではなくてちゃんと顔にしなくてはいけないのだけど 形が顔になっている分平面に顔を描くより顔になりやすい?
ただ魅力的にしないといけないだけ でしょうかね

| パフ | 2010/07/16 22:20 | URL | ≫ EDIT

パフさん

立体に色をつけるのは…平面より計画的に考えないとダメなんですよ。
つまり、立体造形からフィニッシュ(塗装)が決まると言うか…。
塗装で修正できる部分は限界があり、形が良くないと、結局作品は良くなりません。
もちろん塗装も丁寧にしないと、立体の良さがでませんし…。

フィギュアは細かいテクニックの積み重ねで、一つでも手を抜くと、必ずどこかにしわ寄せが来ます…。
原型作りでファンドを手にした時から、塗装を終わらせる瞬間まで気が抜けませんね。

フィギュア作りを一言で言うと、、、めんどくせな~~~、、、です(笑)。

| pink | 2010/07/16 22:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekobikecar.blog83.fc2.com/tb.php/88-17274862

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT