美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

美少女フィギュア「若松千鶴」

☆日本動乱史フィギュア(幕末編)☆若松千鶴☆1/6サイズ☆

千鶴ラフ
☆ラフスケッチ…あくまでイメージです(笑)

時代背景
時は戊辰戦争の真っただ中、薩摩と長州からなる新政府軍(官軍)は会津藩と鶴ヶ城下で激戦を繰り広げていた。
この戦闘による市中火災の模様を鶴ヶ城が落城したものと誤認し、飯盛山にいた白虎隊戦士総勢20名(一命を取り留めた飯沼貞吉を除く)は自刃。
年端もいかぬ少年達の美しくも悲しい物語…これが史上名高い「白虎隊の悲劇」である。
隊士の一人、間瀬源七郎…色白で容姿端麗、16歳で会津最高学府止善堂に入学するなど、将来を嘱望された若武者であった。
そんな彼に、当時8歳の許嫁がいた。  
名前を若松千鶴と言う。
千鶴は幼少の頃から会津伝一刀流南口派の使い手である父親に厳しい指南を受けながら育った。
一途に源七郎を想い、やがては結ばれるものと信じて疑わなかったのだか…。
その後…一ヶ月に及ぶ会津戦争を生き抜いた千鶴であったが、父親を含め、家族も許嫁も、住む家さえ…すべてを失ってしまったのある。
焼け野原と化した自分の故郷。
千鶴は亡き源七郎と家族の為、薩摩、長州に復讐すること、その一点に生涯捧げると誓い、名前を血鶴と改名するのであった。

敗戦後会津に残り、志を同じとする元新撰組・斉藤一の耳に、復讐を誓った会津伝一刀流南口派の継承者、若松千鶴(血鶴)の噂は届いていた。
斉藤は一目見て千鶴の非凡な才能を見抜き、自分の持てる物すべてを注ぎ徹底的に扱いたのであった。
やがて千鶴はその天賦の才に磨きをかけ、もう斗南藩(旧会津藩)内では右に出る者がいない程の腕を身に付けたのである。

月日は流れ…千鶴17歳の冬の明治10年、ついに西南の地で新政府に不満を持つ薩摩士族が暴発したのであった。
ここに日本最後の内戦「西南戦争」の幕が切って落とされたのある。

やがて西南戦争最大の激戦、田原坂を巡る戦いが始まった…

~雨は降る降る人馬は濡れる、越すに越されぬ田原坂~
中でも政府軍を悩ませたのが薩兵の切り込みである。
彼らは雨に日に限ってよくやって来た…
「チェーストー!!」と言う奇声を発し、悪魔の形相で切り込んで来る薩摩武士に対し、最新銃器を持った政府軍はなす術がなかった。
百姓町人が中心で、にわか作りの兵たちは高価な銃をほっぽり出し、逃げ出すのが常であった。
中には恐怖のあまり鶏の鳴き声を薩兵襲来と勘違いして逃げ出す兵までいた始末である。
頭を悩ませた政府軍首脳は薩摩切り込み隊に対抗すべく、旧士族だけで構成する抜刀隊を組織し投入することを決めた。

しかし最初に田原坂に入った抜刀隊50名は果敢に切り込むも敢えなく壊滅。
そこで政府軍本営は警視隊300名から選抜された100名を警視庁巡査抜刀隊とし、田原坂に向かわせたのである。

斉藤一を筆頭に多くの旧会津藩士が戊辰の仇を晴らす為に参加したのだが、千鶴は女子であることを理由に、剣の腕がいかに優れようとも認められることはなかった。
ところが時の大警視川路利良の独断により、千鶴は突如警視庁巡査抜刀隊の一員となり田原坂に赴くこととなったのである。

日本初の女性巡査が誕生した瞬間であった。

一説には先の会津戦争に一兵卒として参加していた川路大警視が、当時子供だった千鶴の剣さばきを目撃し、多いに関心したことを覚えていた為と言われている。

では戦場での千鶴はどうであったか?
警視庁の軍服に身を包み、新撰組(斉藤一)から受け継ぐ「誠」の鉢巻をしている凛々しい姿は遠くからでもすぐに千鶴と分かり、さながら一匹の美しい野獣の如く戦場を駆け巡ったのである。
父から受け継いだ会津伝一刀流南口派の秘剣・左右転化出身之秘太刀…その名の通り相手の切り込みを左右にさばいて斬りつける剣は、対薩摩示現流に持ってこいの技でもあったのだ。
千鶴の剣は冴えに冴え、多くの薩兵は薪のようにことごとく斬り倒された。

やがて彼らは「おごじょとユッサはできもはん」(女子を相手に戦いはできない)としきりに言うようになったが、何のことはない、千鶴を恐れての逃げ口上であった。


・・・・と、まずここまで読んでくれた方、ありがとうございます(笑)

以上の物語を背景として、新キャラ「若松千鶴」を作りたいと思います。
当然タイトルである「美少女」のフィギュアではなくてはいけません。

バイク少女翠とどちらを先に作るか迷ったのですが、日本史オタの自分としては、ストーリーがスラスラと出て来たこちらの方が良いと思いました。

スタート
☆すでにラフスケッチとは微妙にポーズが違います。

姫野ミコ、中出萌々シリーズとはガラリと趣きが変わりますが…より完成度の高い作品を目指したいと思います。
「若松千鶴」の他、姫野ミコ1年リニューアル版中出萌々の新作も同時に制作していくつもりです。
姫野ミコ1年リニューアル版はワンフェス2010夏の発表を予定し、「若松千鶴」「中出萌々・新作」は一年後のワンフェス2011冬に発表予定です。

よろしくお願いします。

スポンサーサイト

| 若松千鶴 | 20:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

な、ながかった。。。かつて社会科系全般苦手少女だった私ですが 
がんばって読みました
なんだかとりあえずどんな感じのキャラになるのかまちます。。。

| パフ | 2010/02/15 20:51 | URL | ≫ EDIT

No title

お疲れ様です(笑)
なるだけ短くまとめたつもりですが…長いですよね…

「歴史の重み」と「萌え」を表現できればと思います(笑)

| pink | 2010/02/15 21:45 | URL |

No title

朝起き抜けに読み始めて、1/4辺で断念して拍手だけして去りました。
そして今、おかゆを食べながら読み終わりました。

こんなストーリーがサラサラ出て来ちゃうなんて凄いですね。日本史オタなんだ。歴史って面白いと思うのですが、全然頭の中に残ってくれません(涙)。

ラフスケッチは他にもいろいろあるんですか?というか、ここに辿り着くまでいろいろ思いつくままに描いたのがあるのでしょうか?

ところで、「おじょごとユッサはできもはん」の「おじょご」って、「おごじょ」の事?タイポだったら指摘してすみません。

| Coconut | 2010/02/16 02:49 | URL |

No title

長い文章ですみませんです。
でも最後まで読んでくれてありがとうございます。
「おじょご」…×
「おごじょ」…○
でした。「おごじょ」と書いたつもりが「おじょご」になってました…早速直します。
ご指摘、どうもです。
しかし何回読み直しても誤字、脱字って出て来るものですね(笑)。

ラフスケッチは本当に適当なヤツをかなりの枚数描きます。
今回は当時の警視抜刀隊の資料を参考にして、軍服などを正確に再現する予定です。

| pink | 2010/02/16 15:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekobikecar.blog83.fc2.com/tb.php/55-851fc36c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT