美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お前はもう立派な兵士だ!

「よく聞け。お前は立派な兵士だ!わかってるか?!
もう、立派な兵士だ!何があっても驚かないよう、これからは自分の意志で行け!自分の意志でだ、わかったか、わかったかぁ!」


(前回に続き)映画「野獣死すべし」の中の1シーンです。

妙に心に残るセリフでした。

映画の中の伊達邦彦(主人公)と、大藪春彦原作のそれとでは、随分と印象が違います。

原作の方は、少年期、満州国で敗戦をむかえ、人の死を嫌と言うほど見て来た経験から、人を殺す事に何の感情も動かなくなった主人公が犯罪に手を染めながらも、成功して行く話なのですが、映画(1980年公開)の方の伊達邦彦は、時代的な背景から、新聞社に入社した東大出のエリートで、ベトナム戦争に送られた戦場記者(カメラマン?)となっています。

そして偶然、兵士を殺してしまった主人公がその快感に魅入られ、破滅的な犯罪に手を染めて行く話となっております。

どちらも好きなのですが…どちらかと言うと、強烈なインパクトのある、映画の方がおもしろいですね。

光サフ3

サフ吹き作業は順調です。

立派なサフ吹きの兵士になれたかどうかはわかりませんが…(笑)





スポンサーサイト

| 阿瀬 光(妹) | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekobikecar.blog83.fc2.com/tb.php/473-4ab5a066

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT