美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

男に取って幸福とは…

先日バイク雑誌で、イタリアで起業し、成功したアメリカ人のバイク・コレクション自慢の記事読みました。
憧れの名車がずらりと並ぶガレージは、正にバイク乗りの夢の城。

そのアメリカ人が言うには…事業で成功するルールは「イタリアでデザインした物をアジアで生産し、アメリカで売ること」
だそうです。

まぁ時代とともに、世界の情勢は変わっていくでしょうけど…これを数十年前に始めたとしたら、先見の明があったと言えますね。

氏曰く…次は「日本人の妻を娶り、中華料理を作ってもらい、ローマに住む」
ことだそうです。

まぁ良く言われているアメリカンジョークなのですが…

男に取って幸福とは「アメリカの給料をもらい、中国人のコックを雇い、イギリスの家に住み、日本人の妻を持つこと」

不幸とは「中国の給料をもらい、イギリス人のコックを雇い、日本の家に住み、アメリカ人の妻を持つこと」

なかなか国柄を現したジョークだと思います。

確かに、日本人の女性と普通に結婚できる日本人の男性は世界で一番幸福なのでは、と思う時があります。

ドイツ人女性と結婚した親戚の叔父さんは

「もし人生がやり直せるなら、国際結婚だけは絶対にしない」と言ってましたし、
若かった頃の自分にも、国際結婚(あくまで当時の言葉・笑)だけは何があってもするな、と言ってました。

自分的には…
「日本の給料をもらい、日本人のコックを雇い、日本の家に住み、日本人の妻を持つこと、ついでに若い日本人の愛人なんかいたら最高!」と思いますが(笑)

つまり、日本人の男性として生まれた時点で、幸福の7割くらいは持っていると思うのです(以前もブログに書いた記憶があります)。

そこそこ裕福な家庭で育ち、安全で清潔で、秩序正しく便利な街で暮らし、人々は親切で、世界中のバイクに乗ろうと思えば乗れますし…さらに女性はやさしく、おしゃれでカワイイと来たら…よくぞ日本男児に生まれけり、でしょう。



スポンサーサイト

| 気になった独り言 | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekobikecar.blog83.fc2.com/tb.php/470-73ba1a66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT