美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

歩(あゆむ)12

歩のシリコン型がほぼ出来上がりました。
ほぼ、と言うのは、髪の毛パーツの寄せ型が残っているのです。

シリコン型は全部で3つとなります。

歩シリコン型
★ちょっと失敗した部分があり…大丈夫か?

話しは変わり「愛読書」と言うのが人それぞれに、あります。
繰り返し読み、読み返す度に新たな発見があったりするのが所謂「愛読書」だと定義すると、自分には2冊ありました。

1冊は司馬遼太郎の「飛ぶが如く」、もう1冊はアントニイ・バージェス/乾 信一郎 訳「時計じかけのオレンジ」です。
共通項もなく、まったく畑違いの2冊ですが(笑)

「飛ぶが如く」は、西郷隆盛・桐野利秋の鹿児島武士団側、大久保利通・川路利良の政府軍側、その双方から見た西南戦争を丁寧に描いた作品で、単行本10巻の超長編です。
歴史的な真偽はともかく、たくさんのエピソードがちりばめられていて、千年続いた武士の世の終焉を描いています。

「時計じかけのオレンジ」は、近未来、全体主義に支配されたイギリスが舞台で、衣食住の心配はないものの、平凡で刺激のない毎日の中で、無軌道に、本能の赴くまま悪の限りを尽くし、やがて社会に復讐される若者の悲喜劇です。
未来の言語を使っている所が心憎い演出です。

そして最近、新たに一冊が加わる予感…
それは、青山繁晴著「ぼくらの祖国」です。
「祖国」について、非常にわかりやすく、また熱く、作者自身の言葉で語っている名著だと思います。

「愛読書」が3冊に増えました。



スポンサーサイト

| 歩(あゆむ) | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekobikecar.blog83.fc2.com/tb.php/433-8239a751

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT