美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ランブレッタTV175(シリーズ2)

1960年製で、当時ベスパと人気を二分していたスクーターです。
特にイギリスでの人気が高かったと言われてます。

ランブ正面

モノコック・ボディのベスパに対し、ランブレッタはパイプ・フレームです。
現在のスクーターの祖とも言えるフレーム構造をしています。
発売当時は高性能車で、歯切れの良い排気音を発し、元気良く走っていたそうです。
(もっとも大学卒の初任給が月給1万5千円だった時代に、コイツは30万円弱もしていたので
当時の日本で購入できた人がどのくらいいたのかわかりません…)

ランブ後

都内を乗る分には問題がないと思うのですが…
埼玉と東京を結ぶ3車線の大宮バイバスを走るには少々辛かったです。

デザインと貴重な当時のパーツがたくさん付属している所が気に入り購入しました。
その後少しずつ自分の好みでパーツを加えていき、60年代のモッズ風に仕立てました。
オリジナルとは違うツートンカラーとメッキのバランスが良く、ビルダー(イギリス人とのこと)の
センスを感じます。

購入額は175ccとは思えないほど高価で、Z1やマッハなどより高かったと思います。
しかし10年ほど乗りましたが、売却額もほぼ同額だったので…良かったです。

もう少しスピードが出れば言うことがなかったのですが…

何年か前にファミリーマートにて、このスクーターにまたがっている大塚愛のポスターを発見しました
(現オーナーが撮影の為に貸し出したのでしょう・笑)。

サイドパネル
★超レアな3連フィッシュテールです。
スポンサーサイト

| バイク関連&バイク遍歴 | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekobikecar.blog83.fc2.com/tb.php/42-51800771

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT