美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Lツインの世界

久しぶりに900SSにて、モトグッチでつい最近行った伊豆スカイラインを走って来ました。
伊豆スカイラインは直線が長く、ついついスピードが乗ってしまい危険なので避けていましたが…自分が直線スピードを抑えれば良いと言うことに気がつきました(笑)。
なので道幅が広く、ブラインドコーナーも少ない伊豆スカイラインの方が芦ノ湖スカイラインより安全かなと…。

伊豆スカ

で、最近やっとドゥカティのコーナーリングがちょっとわかって来た気がします。
雑誌等に掲載されている走り方を読んでもどうもピンと来なかったのですが…
バイクは後輪+車体で曲がる乗り物、と言う根本健さんの言葉で何となく理解できました。

昔友人の乗るドゥカティを借りて伊豆スカイラインを走った時は、ただ軽いだけでパワーがなく、妙に不安定なバイクだな、、、と言う印象でした。
でもこれは国産4気筒に慣れた走り方で乗った為であり、Lツインの乗り方ではなかったのです。

ドゥカティ(Lツイン)は強烈なトラクションを利用し、アクセルを開けたままリア・ステアでコーナーリングをすると車体は非常に安定し、おもしろいように曲がります。
国産4気筒のようにフロントブレーキを引きずったままリーンし、クリッピングでアクセルを開ける曲り方とは根本的に違うのです。

これがわかってからは本当に楽しくて、いつまでも乗っていたい気分になります。

自分はサーキット走行の経験が2回ほどですし、週末の度に革つなぎを着て決まった峠に走りに行く訳でもありません…峠は好きですが、ツーリングにも行く一般的なライダーです。

ドゥカティ(Lツイン)のハンドリングはそんな一般的なライダーのレベルでアクセルを開ける爽快感と車体が安定することが比例すると言う…つまりより安全により速く、大出力の国産リッターバイクのようなストレスを感じずに楽しく走れる贅沢なバイクだと自分は思うのです。

バイクは人間が感性で楽しめる乗り物、と言う基本理念で作られているイタリアのメーカー・ドゥカティ…一貫してスポーツバイクを作り続けていますが、この歳になってやっとその良さを理解できるようになりました。

スポンサーサイト

| DUCAT900SS(Bevel) | 15:46 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

バイクに無縁でも

わかりやすい解説でした~(。◠‿◠。)
そういう事って他のカテゴリーでもありますよね

ところでいきなりな質問ですが NSR250 88年式 って何が有名なんでしょうか?スピード?
よそでそのバイクの話題が出たので ちょっと聞いてみただけなんですけど・・

| パフ | 2011/08/13 22:00 | URL | ≫ EDIT

また一つのバイクの良さを、体で分かる事ができて良かったですね。そういう時って気持ち良いですよね。
私はその感覚を実際には体感できないですが、pinkさんが「あ~、これね」と感じているときの感覚を想像できる様な気分です。

この季節、止まってヘルメット脱ぐと、暑さでのぼせてませんか?(笑)

| Coconut | 2011/08/13 22:51 | URL | ≫ EDIT

パフさん

バイク道は奥が深いので、いつまで経ってもまだまだ速く走れる、もっと上手くバイクをコントロールできるはず、、、と思いつつ、乗っています。

88年式のNSRですか…通称88(ハチハチ)と呼ばれるホンダが掟破りで作ったバイクですね。
NSR自体は生産年数が長いのですが、88だけは特別なのですよ。

ホンダは2サイクルエンジンに否定的なメーカーで、それまでライバルであるヤマハRZとスズキγに性能的にも人気的にも水を開けられていたのです。
しかし時代は2サイクル全盛期、、、それまでホンダが出していた2stはどれも評判が芳しくなく、散々なバイクでしたが、このNSRで名誉挽回を狙ったのです。

当時の250ccクラスは自主規制により最高で45馬力としていたのですが、この88は60馬力以上はあったそうです。
レーサーのNSRより速かった、と言う話しもあり、ましてや初心者が扱いきれるバイクじゃなかったので事故も多発し、伝説と化したのです。
89年式からは馬力を抑え、かなり扱いやすくなりましたが、NSRを欲しがる人達は伝説の88年式にこだわる訳です。

峠を走らせたら、多分今でも最速の部類に入ると思います。
125cc並みの車体、剛性の高いフレーム、750ccクラス並みの馬力等々、今では作れないバイクですね。

長くなりましたが…それでも端的したつもりですので(笑)。

| pink | 2011/08/13 22:52 | URL |

Coconutさん

バイクはエンジンレイアウトで性格が変わるのに、乗る方はさほど変わらない感覚で乗ってしまうのですよ。

ドゥカティは今まで乗り継いで来たバイクの中で、自分に一番合っている気がします。

真夏でも都会以外は耐えられないほどじゃないですよ。
渋滞の環八は最悪ですが…何たらスカイラインと名前がついている道は大体標高の高い所にありますから。

あと最近のヘルメットは素材も良く(暑さ対策に)、通気性にも優れているので昔のようにメットを取るとモワ~~~ンと湯気が立ち上ると言うことはありません(笑)。

| pink | 2011/08/13 23:13 | URL |

今のヘルメットはいろいろ改良されているのですね。ってことは、今でも持っている昔のヘルメットはもう最悪ですかね?(笑)ゴミ? 捨てるのにお金いるのかなぁ…。

| Coconut | 2011/08/14 00:16 | URL |

Coconutさん

昔のヘルメットでも、ビンテージとして高値で取引されている物もあります。

当時憧れの的だったシンプソンのM30はレストアされ、今も人気がある為、10万円以上で売られていたりします。

アライやショーエイのメットはデザイン次第でビンテージになるか、ゴミになるか…(笑)

今のヘルメットは当時の半分くらいの重さしかないので、長時間かぶっていても疲れませんよ。

| pink | 2011/08/14 07:10 | URL |

いいですね~バイクの楽しい瞬間ですね。
この前レースで同じ相手と2~3週抜きつ抜かれつをして、
こいつは自分と同じ速さと思っていたら。。。
バックマーカーなどでタイミングを狂わされ、離されついて行けなくなり、
バイクは精神と肉体で乗るものと痛感しました。奥深いです。

それにしても夏休み満喫ですね~羨ましい(笑)

| コジコジ | 2011/08/14 20:47 | URL | ≫ EDIT

コジコジさん

自分はレースの経験はありませんが、峠レベルでも後から追っかける方が精神的には楽ですよね。
逆に先攻していると妙なプレッシャーがかかり、普段通りの操作ができなかなったりして…ホントに不思議なものです。
中でも一番キツいプレッシャーは白バイに追われることですかね(笑)

ドゥカティは後輪にかかるトラクションが大きいので、ヘアピンから高速コーナーまで安心して走れますよ…
コジコジさんもディアベルあたり、、、どうですか?


| pink | 2011/08/14 22:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekobikecar.blog83.fc2.com/tb.php/165-eddb2267

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT