美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

次回作は…

日本動乱史フィギュア(黎明編)蘇我妖鹿 ★そがのあやか★

    ~~~~~~~~~物語~~~~~~~~~~~

飛鳥時代に絶大な権力を誇った蘇我入鹿の娘であり、妖術を使ったと伝わる巫女(神子)である。
甘樫丘の邸宅に居住し、父である蘇我入鹿の政敵(山背大兄王ら)を呪詛により暗殺する。

妖鹿の能力は気象をも変化させることができるほどだったと言われ、現在明日香村の「雷(いかづち)」と言う地名は、妖鹿がその能力で雷を落としたことに由来するのではないか、と言う説もある。
蘇我氏が入鹿の時代に絶対的な権勢を誇ることができたのは妖鹿に寄る所が大きい。
巫女は神子とも呼ばれる存在であるが、これは妖鹿のことを意味する。

飛鳥寺近くにある亀型石造形物遺跡は妖鹿が妖術を使う為、また呪詛をおこなう為に絶対必要な巨大なラボであった。

しかし妖鹿の能力により隆盛を極めた蘇我氏の天下は長くは続かなかった。
皇位継承をめぐる中大兄皇子と中臣鎌足らによるクーデター・乙巳の変により入鹿が暗殺されると、翌日には父・蝦夷も自殺し蘇我氏宗家は滅亡した。

では一体妖鹿はどうなったのか?・・・
伝説では捕らえられ斬首される身となったが、処刑人が剣を高々と上げ首を落とそうとする刹那、晴天にも関わらずその剣めがけ雷が落ち、それと同時に妖鹿は一羽の鷹に姿を変え、北の空へ消えていった、とされている。
しかしこれは権力争いに巻き込まれ、悲惨な最期を遂げた少女を哀れに思う、後世の人の作り話しではないかと思われる。
生死についての記述は日本書紀にも一切なく、また妖術を使い、数々の奇跡をなし得たと言うことの真偽についても、今となっては知る由もない…。

蘇我氏を取り除き、大化の改新を進める中大兄皇子と中臣鎌足の両人は、妖鹿の復活を恐れ、亀型石造形物を含む広大な敷地をすべて埋め立ててしまった。
妖鹿の巨大なランドマークでもあるこの場所は、妖鹿に畏敬の念を抱く人々の拠り所でもあったが…やがて忘れ去られた…

これらの遺跡が発掘され、再び人々の前に現れたのはご存知の通り西暦2000年であり…実に1354年ぶりであった。

蘇我氏四代の名前がそれぞれ稲目、馬子、蝦夷、入鹿と言う、いかにもおかしな漢字が使われているのは、中大兄皇子と中臣鎌足により、それまでの名前が抹消され、侮蔑を込めて付けられた為とも言われている(馬や鹿と言う動物の当字は当時、蔑みの意味があった)。

妖鹿についてもそれが当時の本当の名前であったかは定かではない…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の黎明編は時代が古く、諸説様々あることを考慮し、シンプルに構成して見ました。

自分は明日香村にある巨石群について、小学生の頃にその存在を知り非常に興味を持ちました。
一体何の目的で作られたのか、、、現在も研究や議論がされ続けていますが、結論には至ってません。

ただ明日香村にある史跡や巨石を巡って歩き、謎の造形物の前に立ち、石像を見つめていると何とも穏やかと言うか…不思議な気分になります。
もしかしたらここは日本民族の桃源郷とも言える場所ではないか、などと考えてしまいます。

今回のフィギュアは亀型造形石と、蘇我氏にまつわる当時の権力争いを絡め、ブラジルにあるコルコバードのキリストのイメージで作りたいと思います。

相変わらず長い文章をここまで読んで頂いた方、ありがとうございます。

妖鹿
☆現在はこんな感じです。

キリスト2
☆コルコバードのキリスト…すごいですね…まさに人間界を見下ろすGod!

「名古屋団地」シリーズ♡桃瀬なつか♡については後日アップ致します。
スポンサーサイト

| 日本動乱史フィギュア(黎明編) | 12:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

次回作の物語、また考えましたね。ふと思ったのですが、私みたいに歴史に弱い人間が、本当にあった事だといつの間にか勘違いしそうです。v-14

それにしてもこの物語で、イメージがあのブラジルのキリスト像だなんて、そのジャンプ率(?)が凄いですね。

| Coconut | 2011/08/06 14:05 | URL |

Coconutさん

何気ないことでも深く印象に残ることってありますよね。

コルコバードのキリスト像はそんな中の一つで、昔、旅行のパンフレットに小さく写真が出ていて、それがきっかけで知り、興味を持ちました。

両手を広げて下界を見下ろしている姿って…ポーズは違えど奈良の大仏に通ずる何かがあると思いません?
洋の東西を問わず、神とは…こう言うものなのでしょうね…。

巫女=神子=神、、、と言う連想でイメージしました。

歴史は時の権力者に都合良く書き換えられることもしばしば…やはり検証が大事なのだと思います。

最近の歴史教科書は自虐史観の物が多くて嫌になりますよ。
バカな教師や市民運動家によって変にねじ曲げられています…

おっとこの話しをすると長くなるので…(笑)

| pink | 2011/08/06 18:38 | URL |

楽しみですね

どういう衣装になるのでしょうか?やはり薄衣ですか。

世界各地に残る巨石は歴史のロマンを駆り立ててくれますね。
以前読んだ「恐竜と共に滅びた文明」という本では、
現代科学では説明しきれない巨石建造物はノアの洪水で滅びた前文明の産物という説を唱えていましたが、けっこう納得しています。

| は(以下同) | 2011/08/13 14:04 | URL | ≫ EDIT

は(以下同)さん

今の所衣装は身につけず、全裸に入れ墨を施す予定です。
(制作途中で変わる可能性はありますが)

すでに腕がなくなり、翼となっていますし(笑)
サモトラケの二ケ像に近いイメージですかね…

今回は柔軟な発想で作ろうかと思っています。

| pink | 2011/08/13 22:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekobikecar.blog83.fc2.com/tb.php/163-68065e8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT