美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勝利と言う名の車

トライアンフを何回目の車検か忘れましたが…車検を取りました。
帰り道、この車の写真がほとんどないので、偶然持っていたデジカメで撮ってみました。

トライアン<br />フ2


ここの所TR4は絶好調!
1962年製なので、来年で生誕50年目となります。

当時の国産で代表的な車はスバル360であり、トヨタからはパプリカが発売された年です。ホンダはまだバイクしか作っておらず、車は製造していませんでした。


トライアンフ3

トライアンフ1

1960年代初頭としては驚異的な動力性能のスポーツカーで、さぞ高価なことだったでしょう。
50年経た現在の交通事情の中でも特に問題もなく走れますし、さらに積極的なスポーツ走行もできます。
ハンドリング、足回りが非常に良いので、峠などのワインディングは楽しいです。

しかし…これほどの完成度がある車を作る技術が当時のイギリスにはあったのに、何故日本のメーカーにすべて駆逐されてしまったのでしょうか?
バイクと同じ理由で…アメリカで売れなくなったからでしょうかね。

ただ同じ年代の国産を含めた他国の車がパーツの入手で苦労するのに対し、イギリス車のみは現在でもパーツを作っているので(しかも安価)、維持が非常に楽です。
ハンドメイドによる丈夫なエンジンとシャーシー、それを維持できるパーツ環境等々…
国産車のほとんどがスクラップになっているのとは対照的に、生き残っているイギリス車は多く、しかも大切に乗られているのです。

これこそ本当の意味でのTriumph(トライアンフ)=勝利、だと思います。
(カッコ良くまとまった・笑)

スポンサーサイト

| トライアンフTR4 | 16:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

いつまでもパーツが手に入り、維持しやすいってすごい事ですね。そうやっていつまでも大切に乗れる車、良いなぁ。でもそれじゃあ車会社が新しい車が売れなくて、困るんでしょうかね。

ところで写真に通行人とか、自転車とかが入ってなくてびっくりです。

| Coconut | 2011/03/07 00:20 | URL |

Coconutさん

イギリス人は一度買った車は一生乗る、と言う話しが実しやかに囁かれていますが…本当なのでしょうかね
(笑)
メーカー(会社)はとっくに倒産して存在していないのに、パーツだけは今も作られていることが不思議です。
メーカー(英国内の)が違っても共通パーツが多く、いかにも合理的なイギリス人らしい発想です。

この場所はグーグルアースで見るとわかりますが…田んぼしかありません。
しかも家の近所で(笑)、大宮とは思えない所です。

後に見えている橋は治水橋です。ヒマな時にでも見てみてください。

| pink | 2011/03/07 00:48 | URL |

車の蘊蓄は

ただただ聞くしかないですが(笑)
助手席大好きな私にはゆったりした車が最適
トライアンフはどんなですか?助手席のシート

| パフ | 2011/03/08 22:05 | URL | ≫ EDIT

パフさん

トライアンフはTR4までリアサスがリジッド・アクスルで、この後のTR4Aから独立懸架になっています。
…と言っても良くわからないですよね(笑)
リジッドより独立(インディペンデント)の方が若干ソフトな感じらしいですが…
基本的にスポーツカーなので、乗り心地に関してはほとんど考慮されていません。

トラックのような、、、と言えばわかりやすいと思います。
脚は伸ばせますけど、狭くて、乗車姿勢を限定されます。
ゴツゴツとした乗り心地で…実に男っぽい車です。

持っているバイクもすべてハードな乗り味で、乗るのにやせ我慢が必要なモノばかりです(笑)

| pink | 2011/03/08 23:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekobikecar.blog83.fc2.com/tb.php/131-d53fa159

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT