美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

R1150GSアドベンチャー…車検

車検切れでしばらく放置していたGSの車検を取りました。

昨日の午後、検査場の予約が取れたので、急きょ仕事の合間をぬって車検を取得…
整備も何もせず、ふらっと行って一発でアッサリと合格。
よかったw。

GS志賀高原
★志賀高原にて

久しぶりに乗ったGSは、以前雑誌で読んだインプレ通りだと、改めて実感しました。
その記事は「このバイクはある意味大きなスーパーカブ。人が楽に移動する為だけに特化した究極の機械」と書いてありました。
正にその通り。

しかし、その後に「こう書くと何の面白味もない、つまらい乗り味のバイクに思われるが、それは違う。何かに突き抜けると言うことは、個性的であり、唯一無二の存在になる」と続きます。

何てカッコイイ表現をするんだ、欲しくなるじゃないか!記事を書いた人はメーカーから金でももらっているのか?とw。


90s第三
★第三京浜保土ヶ谷PAにて

同じBMWの90Sの方も、1970年代に作られたバイクとは思えない程楽であります。

発売当時のドイツにおける宣伝文句は「R90Sのユーザーは、1日500kmの距離を移動したとしても、その夜にはパートナーとダンスが楽しめます」だそうです。

燃費をスポイルすることなく高性能を実現し、数々のレースで実績を挙げた実力。
さすが合理主義のドイツ人、やるな。


Kawasakiツインず
★Kawasakiツインズ

対して当時のKawasakiは、とにかく高性能、高出力、世界最速を目指しました。
ハンドリング、フレーム剛性、乗り味、燃費…そんなもんは後回し。
ぶん回しても壊れない頑丈さと速ささえあれば良い、と、今では考えられない割り切りの良さw。
それが逆に強烈な個性となって現在に至っているのだと思います。


ドカ奥多摩
★奥多摩駐車場にて

R90S、750SS、Z1000Mk2と、ほぼ同時期に発売されたドゥカティ900SSは純粋なレーサーなので、非常に繊細です。

当時のドゥカティ社はクラシックバイクを作っていた訳ではありません。
つまり、何十年も乗ることを前提に開発したのではなく、日本製バイクを打倒すべく、作られたのです。

エンジンをかける時が一番憂鬱になるバイクで、特に自分の車体がそうなのか…始動性は最悪です。
他のオーナーに話を聞くと、始動に問題はないが、プラグがよくかぶる、とか、車体によって(セッティング?)様々です。

その辺りが良くも悪くもレーサーなんですね。


TR4ガレージ前
★ガレージ前にて

1961年に発売されたトライアンフTR4はイギリスの、古き良き時代のスポーツカーです。

アクセルを踏み込む度、ギアチェンジをする度、コーナーを一つクリアする度、この車を開発した先人達や歴史、時代に思いを馳せ…
などと、面倒くさいことは一切考えず、ただ車なりに走らせるだけで理屈抜きに楽しいです。

現在のスポーツカーがより速く走ること、曲がること、止まることを前提に作られているとしたら、当時は楽しく走ることを前提に作られているように感じます。

何台もバイクを持って贅沢だ!身体は一つなのに!何台か処分しろ!等々、無駄無駄無駄無駄無駄〜〜〜!と言うディオばりの声が年々強くなって来る昨今…

GSの車検を取っていろいろ考えましたが、それぞれのバイクや車に思い入れや思い出があり、またメーカーが開発した当時、すべてのバイクや車一つ一つに歴史や物語があるので…買うは易し、売るは難し、です。




スポンサーサイト

| BMW R1150GS Adv | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無情の世界

gsホース

GSからガソリンが漏れていたので、調べて見たら…タンク下部分のガソリンホースが経年劣化し、少し裂けていました。

BMWはできたら自分で直したくないのですが、バイク屋さん(BMW専門)が忙しいくて、すぐには対応できないとのこと。
仕方がないので、交換するパーツを注文し、自分でやることに…(嫌な予感)

いやいや…想像通り、大変でした。

ガソリンホースを取る作業だけでもエネルギーを使いました。
しっかり付いていて、なかなか外れない挙げ句、純正ホースは相当な厚みがあり、ガソリンストッパー(ガソリンが入ったままタンクを外せる優れもの)にはめ込むことができません。

国産だったら10分もかからない作業…

VWの排気ガス不正問題等があるものの、基本的には質実剛健なドイツ人が作ったバイクは、本当にしっかりしております。
国産やハーレーのチープさを少しは見習って欲しいと思いました(笑)

ハーレーと言えば、少し気になったのですが…
自分はヒマを見つけては近所の大手バイク中古センター(レットバロンやSOX等)へ、ぶらぶらと見に行きます。
そこで…中古のハーレーが非常に多いことに気がつきました。

お店の人に「ハーレー、多いですね」と聞いた所…
「ディーラーは新車を売りたいので、中古の買い取り価格を安くし、店に置かないようにしているそうです。なので、みんなウチに売りに来るんですよ」とのこと。
う~ん、なるほど。
しかも、売っているハーレーの安いこと、安いこと…

自分が若い頃は、高価で、とても買えるような値段ではなく、憧れの対象でしたが…今では学生ですら普通に乗ってます。

昔は、家一軒とハーレーが同じ値段だった時代もあるそうです。
今で言うと、フェラーリやランボルギーニを、普通の学生がバイトで買うような感じかな。

何でもそうですが、誰でも簡単に手に入るとなると…価値が下がる、と言うことですね。

※タイトルについて…
ローリング・ストーンズの名曲「You can't always get what you want」の邦題です。
訳はそのまま、欲しい物が必ず手に入るとは限らない=「無情の世界」(笑)



| BMW R1150GS Adv | 13:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BMW R1150GS アドベンチャー

1159gs1.jpg

あぁ…バイクはキリがない…(反省)
モトグッチ・ルマン2を手放し(と、言ってもまだ依託販売中ですが)、
BMW R1150GS アドベンチャーを買ってしまいました(猛省)

ところがコイツが非常に良いバイクで、最近はこれしか乗っていません。
クセはなく、思った通りに操作でき、必要十分な馬力とトルク…
ってことはこれ1台あれば他のバイクはいらないってことですかね?(笑)

購入しようと思ったきっかけは、とにかく楽なバイクを…の一念でした。
もちろんただ「楽」なだけではなく、ルマンを売ったお金だけで買えて、さらにカッコイイ物を…と言う条件です。
このカッコイイと言うのが一番重要だったりしますが(笑)

しかしルマンが売れてからと探そうと思っていたところ、激安の車両を発見し、
後先考えずに買ってしまいました(さらに猛省)

フル装備のアドベンチャーは古い割に結構高いのです。
車体自体が少ないせいか…R1200GS(新型)にはない無骨さが良いのか…理由は定かではありませんが…強気の価格設定となっています。

通勤からツーリングまで、とにかく楽チンで、一日600kmは優に走れます。
まったく…他の所有している旧車に乗ると、ヤバい、これ絶対に故障してるよ!
ブレーキは効かんし、曲がらないし、真っすぐ走らんし…パンクしてるのとちゃうか!
となってしまいます(笑)

このバカデカいアドベンチャーが入ったことでガレージ内もついに限界をむかえ、維持費やその他諸々を考えると、バイクの台数も車種もここに極まれり、となりました。

今後BMW K1200RSとKawasaki Z1000Mk2…2台の4気筒を処分する方向で整理をしようと思っています。
いろいろなバイクに乗って来ましたが、結局4気筒(ジャパニーズモーターライド)は好きになれませんでした。

1150gs2.jpg
★シートは自分の好みに張り替えをしました。

1150gs3.jpg
★100L以上入るサイド&トップケースで荷物が納まり、ツーリングもすっきりです。が…ハンドル幅より広いサイドケースの為、すり抜けはできません。





| BMW R1150GS Adv | 21:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |