美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

遥と斬られし薩摩隼人

ネ申童女「阿瀬 光」、日本動乱史フィギュア「島津 霧子」ジオラマの制作…
行き詰まった訳ではありませんが、繊細な作業が続くと荒っぽい作業がしたくなります。

そこで…またもや習作を作り始めました。

仮名「遥(はるか)」

作業があっちに行ったりこっちに戻ったりしつつ、最後には完成させねばなりません。

息抜きとして違う作品を作ることは時間を無駄にせず、実に合理的だと思います。

遥
★足下には斬られし薩摩隼人、赤髪のフィギュアは余ったレジンで作った「歩」です。
訳あってモザイク(笑)




スポンサーサイト

| 島津霧子 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

劔の山

以前書いたブログにて、重大な訂正があります。

それは西南の役、最大の激戦…田原坂の戦いにおける、土塁についての記述です。
自分はてっきり土塁を築いたのが、政府軍だと勘違いをしていました。
その後気になり、良く調べて見ると、高い土塁を作ったのは薩軍の方でした。

田原坂を政府軍に突破されたら薩軍の不利は自明の理。
その為に高い防御壁を作り、わら人形で偽装し、政府軍を迎え討った、と言うが史実のようです。

恐怖から来るものではなく、あくまで戦略的な意味を持つ土塁…
結果的に政府軍はこの土塁をなかなか突破できず、多数の死傷者を出すこととなりました。

そして、この土塁を越えた処は…まさに軍歌「抜刀隊」歌詞3番!

前を望めば劔なり 右も左りも皆 劔
劔の山に登らんは 未来の事と聞きつるに
此世(この世)に於いて目の当たり 劔の山に登るのも
我が身のなせる罪業を 滅ぼす為にあらずして
賊を征伐するが為 劔の山もなんのその
敵を亡ぶる夫迄は 進めや進め諸共に
玉ちる劔抜き連れて 死ぬる覚悟で進むべし

「抜刀隊 陸軍分列行進曲」(全番)はコチラ

土嚢
★土塁、取りあえず原型完成。


| 島津霧子 | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ローマは一日して成らず

ローマは一日にして成らず…千里の道も一歩から…
やるべきことを一つ一つこなし、終わらせて行くしか方法がないことは重々承知しておりますが…
地味で過酷な作業は辛いです。
いや、辛いと言うより、つまらない、と言った方が正解かな。

霧子&勇作
★ひたすらヤスリをかけては、サーフェイサーで修正して行きます。

しかし、このつまらない作業をやり遂げねば、完成はないのです。
そして、やっと完成した暁には…上手く出来なかった虚無感が広がります。
作品制作はこの繰り返しなのですが、実は虚無感こそが大切で、次回作に繋がるのだと信じております。

半眼工房の制作における不文律は「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」「狂気の造形」

頑張らねば!

霧子&勇作2

霧子&勇作3
★まったく、この地味で過酷な作業がいつまで続くのやら…




| 島津霧子 | 09:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土嚢の高さは恐怖の高さ

田原坂の戦いの資料を見ると、土嚢を幾つも重ね、かなりの高さになっていることがわかります。
士族出身ではない人々が中心の政府軍は鹿児島武士団の斬り込みを極度に恐れていたので、簡単に飛び越えられない高さにしたことは想像に難くないです。

しかし…その高さたるや相当なものです。
土嚢の高さが政府軍の恐怖の高さそのものだと思います。

薩摩隼人、鹿児島武士団の剣術は有名な示現流です。
振り下ろす剣速のみを速くする稽古、最初の一太刀にすべてをかける先手必勝の剣術。

幕末最強と言われ、その破壊力は凄まじく、斬られた人間は瞬時に絶命したそうです。
しかし、示現流の真の恐怖は破壊力やスピードなども然ることながら、自分の命がないことを前提に斬り込んで来る、精神性にあると思います。

自分が死んでも相手を殺す、つまり狂人を相手にせにゃアカンってことです。
これは怖い、正に恐怖だったと思います。

と言う訳で、土嚢を大量に作らねば…

土嚢
☆土嚢×12個くらい?




| 島津霧子 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT