美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワンダーフェスティバル2011冬、無事終了。

ワンフェス2011・冬が無事終了しました。

2011・冬1

2011・冬2

作品をお買い上げ頂いた皆様、ありがとうございます。

新作「若松千鶴」はイマイチ売り上げに貢献できませんでしたが(笑)、こんな記事を見つけました。
千鶴の背景などもしっかりと読んで頂いているようで…今後の制作の励みになります。

次回ワンフェス2011・夏には、シークレット1体と、できたら千鶴のライバル・島津霧子(多分無理・笑)を出品したいと思います。
スポンサーサイト

| 若松千鶴 | 23:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「若松千鶴」完成

アップ

顔1

刀×2

全身1

台座

全身2a

左脚
☆左モモの傷は示現流の達人兵士によるものです。この傷をおわせた薩兵は、千鶴に一太刀あびせた後、額を割られ絶命しています。

下半身
☆右モモの傷は流れ弾による銃創です。

全身3aa

☆後姿の画像コチラをクリック。

約1年間の執念がこの小さな作品に込められています(笑)。
そして、初のジオラマ仕立てです。

天才剣士・若松千鶴と言えど、激戦につぐ激戦により、満身創痍。
制服は泥と血にまみれ…連日の雨と無数の兵士の血により地面は濡れています…。

ワンフェス2011・冬にて発表します。
半眼工房の場所 ココ です。
よろしくお願いします。

| 若松千鶴 | 18:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャレンジ精神(追加画像有り)

もも1

もも2
☆下半身を描き込んでいます。

もっとキワドい画像はコチラ…画像1画像2

~~~~~~~~~~~~~~~ 以上、追加画像です ~~~~~~~~~~~~~~~~~

土台部分の塗装をしています。
しかし…なかなか上手く行きません…

土台2

土台1

田原坂はそのほとんどが雨の中の戦いであった、と言われています。
当然足元は泥濘(ぬかるみ)、ブーツは汚れます。

土台4

土台3

今回はジオラマ仕立ての塗装なのですが…実はプラモデル等でジオラマを作った経験がありません。
なのでモデラーだったら当たり前に使いこなす様々なテクニックが自分にはないのです。

そう言った意味で、今回の作品は非常にチャレンジングなものなのです。

美術系の人のほとんどは子供の頃から絵を描くことやプラモデルを作ることが好きだったと思います。
自分もご多聞に漏れず、プラモデル作りが大好きでしたが…テクニックが身に付きやすいミリタリー物やジオラマ仕立ての物は一切作らず、車とバイクに集約されていました(笑)

小学生~中学生の時に夢中になって作ったのが、タミヤから出ていた1/12のF1シリーズでした。
性能はデザインを決定する…究極の機能美、フォーミュラ1の車が正にそれで、子供ながらにカッコ良く見えたのでしょうね。
高校生になってからはバイクのプラモデルに変わりました。

その後は本物のバイクや車が乗れるようになったのでプラモデルは作らなくなりましたが(笑)、ある日突然作りたくなり、どうせ作るのなら自分の乗って来たバイクのプラモデルを、しかも実車同様に改造した箇所も再現したものを…と思い、数台作りました。
まぁそれもフィギュアを作り始めてからはできなくなりましたが…。

棚に飾ってあるバイクのプラモデル達を、フィギュアのついでに写真を撮りました。

RZ.jpg

RZアップ
☆大学時代に乗っていたヤマハRZ250です。
ハンドルをスワンタイプに変更し、バックミラーはヘッドライト横からステー使って出していました。



マッハ前

マッハ後
☆カワサキマッハ(750SS)は今も手元にあります。コイツはどこもいじらず、フルストック状態で乗っています。

ベスパ前

ベスパ後
☆ベスパラリー200ですが、プラモデル化されていないので、P200を改造しました。
キャリアはプラ棒を使って再現し、ウインカーも自作です。


ベルーガ
☆初めて買ったバイク(スクーター)、ヤマハベルーガ50です。
特に改造もせず、ノーヘル(当時は合法)で乗り回していました。
二ケツ(当然違反)で上野から赤羽まで来る途中、チャリンコ警官に追いかけられたり…なんだかんだで楽しかったです。


乗り継いで来たバイクをすべて作る予定でしたが…もう無理ですね。

| 若松千鶴 | 00:09 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

塗装とは…

すなわちマスキングと見つけたり・・・マスキングとは忍耐と言う意味である。

塗装2
☆色に着いた若松千鶴の画像は初めてなので…作者にも新鮮に見えます(笑)

写真の新撰組リボン…マスキングだけでかなり時間がかかりましたが…そうは見えない所が何とも…。

順調とは言えませんが、確実に作業は進んでいます。

塗装風景

今回の「若松千鶴」はブラック&ブルーでまとめて見ようと思います。
仮面ライダー1号(初期)のようなイメージの、暗くて地味な配色です。
幕末から明治へと続く重厚な時代背景を、色の面からも表現しようと考えています。

| 若松千鶴 | 01:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT