美少女フィギュア・ネコ・バイク・時々車

美少女フィギュアを中心に、ネコ、趣味であるバイク(時々車)に関するブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

全開!

マッハはブレーキのOH後、チャンバーとエキパイを繋いでいるコネクションホルダーを新しくし、長年続いていたオイル漏れがなくなりました(だったら早くやれよ、ですw)。

しかも純正パーツが出てビックリ!

マッハ、KHシリーズで共通パーツだと思われますが…45年前のバイクのパーツがメーカーから出るって、凄いことです。

そして、久しぶりに全開でマッハを走らせました。

楽しかった…

以上。

マッハ修理



スポンサーサイト

| Kawasaki750SS(H2) | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッハ、FブレーキOH

仕事に少し余裕ができたので、久しぶりに車検を取っていないバイク達のエンジンをかけて見ました。

まずはkawasaki Z1000 Mk2…セルを3回ほど回した所で、ブオンッ!と空冷4発は目が覚めました。
さすが日本製、エンジンに火を入れるのが数ヶ月ぶりだと言うのに、この始動性の良さは何だ?

続いてkawasaki 750ss マッハ。
キック3発ほどで、コチラも凄まじい煙りと共に、2サイクル独特のエンジン音が住宅街に響き渡りました。
生産から40年以上の歳月が経ち、前回エンジンに火を入れてからも相当経っていますが…何だこの始動性の良さは?
日本の製品は本当に素晴らしい!

マッハFブレーキ1
★分解じゃ〜っ!


所が、バイクをガレージに入れようとした時に、強めにブレーキをかけた瞬間、Fタイヤがロック状態に…。
ブレーキフルードを確認したところ、スッカラカン。
と、言うことは、ブレーキのピストンが戻らず、固着したってことか?

そう言えば、購入から15年くらい経っているのに、Fブレーキは一回もOHしていないことに気がついた。
さすがに日本製とは言え、限界かもしれない…
ってか、普通にブレーキが利いていたので、気にも止めていませんでした。


マッハFブレーキ2
★もっとマメにメンテナンスをせにゃアカン(反省)

取りあえずバラバラにして…ブレーキピストンを磨いて、グリス塗って…ん?目一杯出したピストンが戻らん!
ネットを検索すると、古いブレーキパッドを付けて、ドライバーで少しずつこじ開ける、と…従来通りの方法が紹介されています。

やっては見たものの、微動だにしない。
さすがに15年の歳月は厳しい…

何をやっても引っ込まず、こりゃバイク屋さんに持って行くしかないな、と諦めた時、待てよ、バイク屋さんはどうやっているのだ?
まさかドライバーでこじ開ける訳ではあるまい、と思い検索して見た。
すると、ピストン戻し機なる専用機械があるではないか。

高価ではないが、買うとなると今日中には直らない…。
あれ?でもこれってクランプと同じ構造だ。

試しにワンフェスの展示で使用しているクランプを使って見た所、見事に引っ込みました。
今日はまた一つ賢くなりました(笑

クランプ
★神様、仏様、クランプ様

復活Fブレーキ
★復活し、スムーズ動くようになったFブレーキ!



| Kawasaki750SS(H2) | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原点

訳あってマッハを手放さないことにしました。

マッハ&ピロ
☆手放さなかった記念に写真を撮りました。

今日こそは絶対に別れる!と決心して彼女に会いに行った所、なんだかんだでまた普通に付き合って行くことになってしまった若い頃の自分を見ているようですが(笑)…
バイク屋さんに持って行く道々で、大切なことを思い出しました。

不快な振動、不快な煙り、不快な排気音…極悪な燃費、大量に消費されるオイル等々…
しかしアクセルを開けた瞬間の胸のすく加速は、その欠点すべてを許せてしまうほど爽快で、2stであり、750(ナナハン)であり、憧れだったKawasaki750SSこそが自分の原点バイクだったのだと。

バイクに限らず、人間、原点を忘れてはなりません…と言うお話。

もういい加減にして欲しい警察のひどい対応…桜井会長の主張が100%正しい動画です(しかもシャレが効いていてオモシロいです)。
その1
その2
その3
その4

| Kawasaki750SS(H2) | 17:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いくら何でも高過ぎやろ!

まず最初に…自分のバイクの価値自慢をするつもりはまったくありません。

所有者ですら最近のカワサキ系旧車の値上がりには驚くばかりで、開いた口がふさがらない状態です。

正に狂乱価格!

ちょっと前のBGがマッハ特集だったので久しぶりに購入し、広告のMk2やマッハ、Z1などを見てみた所、値段があまりに高いのでビックリしました。

車体の程度と何も関係のない「車体番号3ケタ台」とか、これまた何も関係ない「オリジナル塗装」などの理由で、高い車両は軽く300万円オーバー!
「え~~~~~!!!???」いくら状態が良いからと言って、マッハやMk2が300万???
本当に信じられません…(最低価格は170万くらい…それでも高いやろ!)

ハーレーやドゥカティ、BMWなどの旧車にプレミアが付き…300万円、と言う話なら納得できます(それでもドゥカティやBMWはそんなに高くありませんが)
これらの外車は新車で発売していた当時に同じくらいの値段で売っていましたから…

事実、パンヘッドエンジンのハーレーは、当時も今現在も、300万くらいで売っています。
物価上昇率を考えると、かなり安くなった、とも言えますよね。

しかし、マッハ(750SS)の新車販売価格は36万5千円ですよ…
それが300万ってアナタ…あり得ません。

一体どこの誰が値段を決めているのだ???

自分のバイクが値上がって嬉しい!と言うより、これでは気軽に乗って行けませんし、程度にもよりますが、この手の旧車の買い取り価格は売値に比べ、安いのです。

実際問題として「Z盗難」「マッハ盗難」と言うワードで検索すると、実にたくさん出て来ます。
自宅のガレージに保管していたのに盗難にあった、とか、出先のホテルの駐車場で盗難にあったなど…まるでランボルギーニかポルシェです(笑)

自分が買った時にも随分高い買い物をしたな、と思いましたが…当然3ケタはしなかったし、今のような狂乱価格ではありませんでした。
どっちのバイクも精々60万~70万くらいが適正価格でしょう…
しかし旧車は台数が限られていますから、値下がりすることってあるのかな?

マッハ&Z2
☆この2台が仮に極上だったとしたら600万円オーバーってことか???(笑)
(自分のは2台ともかなりの距離を走っていますし、写真ではキレイに見えますが…実際見ると結構ボロいです)


☆めっちゃ萌え動画を発見!…その1

☆声もカワイイ…その2

| Kawasaki750SS(H2) | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT